風俗で働く心構え

風俗で働く前に、まずは正しい知識を身につけましょう。楽して稼げると思ったら大間違い!風俗は肉体的にも精神的にもきつい仕事なのです。 - 風俗店で働くために必要なモノとは

風俗店で働くために必要なモノとは

風俗店で働く場合、身元を隠したい、年齢を誤魔化して働きたいと思っている人もいるかもしれません。
風俗店は学歴や職歴を問わないので、履歴書を提出する必要はありません。
ですが風俗店で働くためには、必ず身分証の提出が求められます。
ではなぜ身分証の提出が求められるのでしょうか?

風俗店で身分証の提出が求められる理由

風俗店は自由に経営している訳ではなく、キチンと法律に基づいて経営されています。
そのため18歳未満の女性を働かせてはいけませんし、日本国内で働く事が出来る国籍かどうかも確認する義務があるために身分証を提出させているのです。

もしあなたが身元を隠したいからと、身分証の提出を求められない風俗店で働こうと思っている場合は危険です。
なぜなら身分証の提出を求めないお店は、違法行為の斡旋などを行っている悪質なお店の可能性が高いからです。

当然ながら働く側にとっても、給与面やお店の衛生面に問題を抱えているかもしれませんし、定期検査が行われないなど健康が損なわれる可能性もあります。風俗店では不特定多数の男性の相手をするため、性病の感染のリスクが伴います。
キチンとしたお店であれば、風俗嬢に定期検査を行い生理休暇を与えているはずです。
つまり風俗店では身分証を提出して働いている方が、よほど安全だという訳です。

身分証になるもの、ならないもの

ではどのようなものが身分証になるのかというと、免許証、パスポート、住民票、戸籍謄本、住基ネットカードなどです。基本的に氏名、生年月日、本籍地と現住所、顔写真が確認出来るものが身分証として認められます。

では身分証としてみとめられないものは、学生証、健康保険証、お店の会員証などです。

関連する記事